ジュディにメロメロの毎日と趣味の日記です。

topimage

2017-06

肝疾患・精密検査 ~後半~  - 2016.04.14 Thu

続きです。 『肝疾患・精密検査 ~前半~』。

ジュディを病院にお願いして、いったん帰宅。
お昼を過ぎたころに電話が鳴り『今から麻酔して検査に入ります』と。

今回は検査のための麻酔なので、少量しか使わないと説明頂いてますが、それでも全身麻酔となると緊張します。

大丈夫かなぁと思っていたら、またも病院からの電話。一瞬どきっとしましたが、検査が修了し麻酔から覚めたとの報告でした。『よかった~』。お迎えは夕方とお聞きしていたので、何か起こったのかと焦りました。

完全に覚醒してから帰宅して欲しいので、夕方まで待って頂きますが、麻酔からは覚めてますのご安心下さいとのこと。

先日のお花見にて。


そして、5時半。まずは担当の先生から結果の説明がありました。
肝臓内の毛細血管が細いようだったので成長不十分の疑いがあったのですが、CTで確認するとしっかり機能しているし、肝硬変の兆候も見つかりませんでした。そして、一番疑わしいと思っていたシャントも見つからず。

この時点で『あ~もう肝生検するしかないんだ』と気持ちがドーンと重くなりました。


ジュディのCT画像を前にご説明頂きましたが、どこもキレイで全く異常が認められないとのこと。
それなのに体にメスをいれるのか…。先生のお言葉でますます肝生検を躊躇ってしまうのでした。


検査の仕方や結果が出るまでの日数、検査をすることによるメリットなどなど納得がいくまでお話しをお聞きして、この日は終了。生検するかしないかは後日、ご連絡することにして帰宅しました。

お迎え時。うっすらと血がにじんだ検査跡が痛々しい…。


掛かりつけの病院への資料もお預かりしたので、帰り道に寄ってご相談させて貰いました。
今までジュディのことをずっと見てきた先生のご意見もお聞きしたかったのです。
何でも正直にお答え頂ける先生なので、肝生検前のセカンドオピニオンについても伺いました。

その中で今回ジュディが診ていただいた先生は、大学病院の教授で獣医師会でかなりの権威であることが分かりました。更に、かなり高い技術力と優れた画像診断力もお持ちで、CTでの発見が難しいような小さな腫瘍をも見逃さない正確さとのこと。

こげが心配そうな顔をしたり、ゴメンねと声を掛けると逆に慰めてうれるジュディです。


と言うことで、先生の判断は『セカンドオピニオンを取られてもあまり意味がないかと思うし、多くの症例を見て来られた先生が肝生検をすすめているのであれば、原因を突き止めるには生検しかないと思って間違いないでしょう。この先生ならば、他の方法があれば必ず提案してくれるはずですから。』と言うことでした。

そして、肝生検もこの先生にやっていただくのが正確で間違いないと思いますとのご意見も。


生検した場合としなかった場合での今後の治療方針についても十分にご説明をいただき、後は家族で決めることになりました。
そして翌日、アンモニア負荷試験、総胆汁酸検査の結果も出ました。お電話で簡単にお聞きしただけで、まだ資料などはいただいてないのですが、なんとも微妙なラインでの数値で、更に診断が難しくなったとのこと…。

こんなに元気なのにね…。


確かに体に負担は掛かってしまうけれど、何が悪いのか分からないままに内科的な治療をすすめて、その間に症状が進行するのだけは絶対に嫌だ。そして、もしも自分が。はっちゃくやすずめが。同じ状況だとしてもやっぱり生検をお願いするだろうとの思いで検査をすることに決めました。

検査予約の段階で、ひとつ気になっていることを確認しました。
『今後、もう一度生検が必要になる可能性はあるのかと言うこと』。早期過ぎて何も分からず、症状が進行してからもう一度検査になるのであれば、暫く様子をみるべきとも思いました。


しかし、その答えは残念ながらイエスでした。肝疾患の原因が判明したのちに、その範囲やステージを確認するための検査が必要になる場合もあるそうです。ただ、今の段階での生検は決して早すぎると言うことはなく、正確な治療のためには必要な検査だと思いますと。

当日にまた説明を聞いていただくので、もしも不安があるようでしたらその時にキャンセル可能ですので、まずは予約を入れられてはとのご提案で検査予約をお願いしました。


お薬を止めると数値が上がってしまう現状ですが、検査までは投薬はナシ。
検査日まで少し時間があるので、ジュディの様子に慎重になってる毎日です。

今のところ変わったところはなく、黄疸もなく、食欲旺盛の元気印です。
早く原因が分かって、100%元気いっぱいのジュディに戻してあげたいなぁ。


今回の検査の医療明細です。こんなにいろんなことしたんだもんね。疲れたよね。



ランキングに参加しています。
↓ぽちっと応援いただけると励みになります。

にほんブログ村



スポンサーサイト

● COMMENT ●

生検されるんですね。
無事終了まではドキドキ心配ですね。
肝臓が悪い場合黄疸が出て分かりますが、出る時には遅い…場合(先代のハルがそうでした)もあるので、念には念を入れて症状がなくても検査するのがいいかもしれませんね。
何事も無いよう心から祈っています。

ナナハルさま

お返事遅くなりすみません(>_<)
生検すべきかどうか随分と悩みましたが、お願いすることにしました。
やっぱり肝疾患の場合、症状が出たトキには…。と言うことがあるのですね。
せっかく早期に異常を見つけることが出来たので、ラッキーだったと思って、
早い内にきちんと診ていただこうと思います。
いつも温かいお言葉をありがとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://judy1219.blog.fc2.com/tb.php/1707-42281a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEWヒロインに期待!! «  | BLOG TOP |  » 肝疾患・精密検査 ~前半~

プロフィール

こげら

Author:こげら
ジュディ♀
キャバリア ブレナム
2009年12月19日生まれ
好きなもの:桃とレバー
好きなこと:なでなで
嫌いなこと:お留守番
得意なこと:モリ眉とぶちゃ顔


すずめ (とっても小さな怪獣)
2012年11月30日生まれ
ジュディの妹分!?
一生懸命すくすく成長中(^o^)丿

こげら (ジュディまま)
好きなもの:映画と本 お酒

はっちゃく (ジュディぱぱ)

いくつになったの

ランキングに参加してます♪

ぽちっと応援して下さい!(●≧д≦)ノ
にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
ジュディとの出会い (8)
ジュディの事 (293)
ジュディとすずめの事 (944)
イベント (29)
お出かけ (327)
お手入れ&健康 (134)
アウトドア (80)
お料理 (7)
やらせ記事 (5)
その他 (57)
未分類 (68)
パピージュディ (11)
車中泊 (124)

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

キャバリアカレンダー

フリーエリア